ホーム 製品情報 技術情報 会社案内
TOP>当社に関する新聞記事・表彰

日刊工業新聞      2010年8月13日         
     2004年2月3日          
     2004年7月23日         
神奈川新聞      2005年1月26日          
タウンニュース      2004年4月26日

表   彰      2006年7月5日    神奈川県労働局長奨励賞受賞



<「タウンニュース」No78 2004年4月2日>

 藤沢市内で活躍する事業者に経営のこと、まちのことを聞く「藤沢 復活への息吹」。2回目は、 創業明治39年、電化製品などに使われるミニチュアベアリング保持器を生産し、1994年には、中国進出も果している 高井精器、高井久勝氏に「空洞化への手立て」を語ってもらった。
 ベアリングは、トンネルの掘削機などに使われる、5メートル以上の超大型のものから、大型、中型、並方とあるが、 当社で手がけているのは、ベアリング内径が9ミリ以下の小径と極小径。
 極小径へのニーズが高くなったのは昭和30年ごろから。「さらに小さく」という要望は続いている。 松下で初めてVTRが登場したとき、再生時、画面にノイズが走ることがあった。原因は、ベアリングに付着した 目に見えない埃。以来、5千万円の洗浄器を購入、クリンルームでの生産も始めている。
 大企業がリストラや海外へ進出する一方で、中小の製造業は残念だが、倒産や解散を余儀なくされている。 当社では、円高に対応していくため94年から中国・上海で創業を始めた。
 
−商品開発で空洞化を止める−

 中国での業績はのびているが、進出当時、一番心配だったのは、国の情勢、カントリーリスクよりも、 自国工場の「空洞化」。進出した分、国内の空洞化も進むわけで「自分で自分の首を絞める」結果にもなった。
 今後の課題は、「空洞化」をいかに食い止められるか。ポイントは、「新しい商品開発」にかかっている。 既存商品と合わせ、全く新しい商品の開発を手がけ、知的所有権や、発明特許権を取得していくこと。 他社の商品と競合する部分は、造り方で特許をとる方法もあると思う。中国市場でも価格競争がすすんでおり、 新商品を展開し、空洞化対策につなげたい。



<神奈川県労働局長奨励賞受賞 2006年7月5日>
 
神奈川県労働局長より伊勢原工場が表彰されました。
表彰