ロゴ サイトマップ 英語
お問合せ
個人情報保護方針  
メニュー ホーム 製品情報 技術情報 会社案内 メニュー メニュー メニュー
TOP製品情報自動化・省力化装置>搬送ロボットシステム

搬送ロボットシステム

搬送ロボットとは、主に工場において、商品や部品を搬送する役割をもったロボットです。
搬送ロボットシステムは、搬送ロボットを使って「いつ、何を、どこからどこへ、どうやって」運ぶのかを自動化することです。
当社は、お客様がやりたいことに合わせた搬送ロボットシステムをご提案・導入いたします。

搬送ロボットシステム  搬送ロボットシステム

搬送工程の省人化課題を、搬送ロボットシステム(AMR/AGV)で解決し、3つの価値を提供します。
  @安全な協働 人がロボットと安全に協働できること
  A変化への適応 搬送箇所の増減・変更に対応できるような柔軟性と拡張性があること
  B省スペース 固定設備ではないため省スペースな搬送設備であること
システムの考案、設計、製作、実装、導入サポートをワンストップでご対応いたします。

ケース1:コンベア機構やリフトアップ機構を搭載して設備からワークの自動受け渡し
 搬送ロボットは、単純に走るだけですので、人の代わりになるためには、運んだものを”移載”する必要があります。 具体的には、搬送ロボットの上にコンベアなどを搭載することで、装置や自動機へ自動で移載することができるようになります。
ケース2:協働ロボットを搭載して搬送とワークセットの自動化

AMR モバイルロボットシステム

搬送ロボットシステム

特 徴自律走行型モバイルロボットシステム
AMRは、Autonomous Mobile Robot (自律走行ロボット)といい、SLAM(自己位置推定&環境地図作成)という技術を用いて走行するロボットです
ロボットが走行エリアの地図を持ち、自分がどこにいるかを常に把握しながら走行することができます
マップされた走行範囲内で障害物を回避しながら自ら判断して移動します
作業エリアの変更に柔軟に対応でき拡張性があります
搬送品に合わせたコンベア機構やリフトアップ機構を搭載します
協働ロボットを搭載して搬送とワークセットの自動化も可能です
用 途人に代わり部品や資材を搬送、コンテナ、トレー、箱の搬送
夜間、休日の搬送作業の自動化搬送(人手不足への対応)
商業施設、病院などの搬送作業の自動化
メリット運搬作業の無人化による生産性向上
人の労働負荷の低減
本体仕様オムロン株式会社 モバイルロボットの仕様となります

ガイドレスAGVシステム 無人搬送台車 S-CART

搬送ロボットシステム

特 徴 AGVは、Automatic Guided Vehicleといい、床面に貼られた磁気テープに沿って走行するロボットです。 ガイドレスAGVは、レーザーセンサにより走行エリア内の特徴物による地図を作った上、磁気テープの代わりにメーカ専用のソフトウェアツールで走行ルートを決定し走行します。
タブレットによる簡単操作、低床設計・IoT対応、通信機能(Wi-Fi)搭載・ビジョンシステムによる自動運行も可能
搬送品に合わせたコンベア機構やリフトアップ機構を搭載します
用 途工場内の工程間搬送、コンテナ、トレー、箱の搬送の自動化
本体仕様日本電産シンポ株式会社 S−CARTの仕様となります

ご質問、お見積り、ご注文など、お気軽にお問合せください。ベンチャー事業部へ 問合せ

©OMRON Corporation / ©NIDEC-SHINPO Corporation 画像商用利用許諾を受けて掲載しております


コピーライト