ホーム 製品情報 技術情報 会社案内
TOP技術情報> 熱可塑性樹脂の特徴

技術情報


各種材料の耐薬品性と実用耐熱温度の目安

  名    称 略 号 有機溶剤 水・海水 アルカリ類 酸 類 油 類 耐熱性
(実用℃)










ポリプロピレン PP 60℃
ポリエチレン PE 50℃
ポリアセタール POM × 105℃
ポリアミド
(ナイロン66ガラス繊維強化)
PA66GF × 130℃
ポリテトラフルオロエチレン
(テフロン)
PTFE 250℃
テトラフルオロエチレン・
エチレン共重合体
ETFE 90℃
ポリエーテルエーテルケトン PEEK 200℃
ポリフェニレンサルファイド
(ガラス繊維強化)
PPS 200℃
アクリロニトリル・
ブタジエン・
スチレン共重合体
ABS × 55℃
ポリアリレート
Uポリマー
PAR × 140℃
ポリエーテルイミド PE I 170℃
ポリサルフォン PSF × 175℃
ポリエーテルサルフォン PES 180℃
液晶ポリマー LCP 240℃
ポリアミドイミド PAI 280℃
ポリイミド PI × 280℃


ステンレス SUS304 ×
ステンレス SUS316 ×
チタン Ti




アルミナ Al2O3 1000℃
窒化けい素 Si3N4 800℃
炭化けい素 SiC 1000℃
ジルコニア ZrO2 850℃


ソーダガラス SiO2+
Na2O+
CaO
130℃
※上表記は、◎>○>△>×の順で耐薬品性が良い。
(上表記は、学術文献等を参考にしてあり弊社未実証ですので、実際のご使用は実用実験でご確認の上ご使用下さい)