ホーム 製品情報 技術情報 会社案内
TOP技術情報> 熱可塑性樹脂の特徴

技術情報


熱可塑性樹脂の特徴

材   料 特       徴 特徴的な使用箇所
PP
(ポリプロピレン)
・汎用性プラスチックの中では最も軽い。
・焼却時塩素ガスの発生が殆ど無い。
・熱安定剤無配合材では熱分解し易い。
・酸素透過性が大。
・電化製品
・梱包用バンド
・食品容器
PE
(ポリエチレン)
・高密度ポリエチレンでは-80℃まで使用可能。
・軟らかい。
・傷つき易い。
・容器
・包装用フィルム
POM
(ポリアセタール)
・摺動特性に優れている。
・機械的強度に優れている。
・耐候性がやや弱い。
・軸受製品
・カム
・クリップ
・ギア
PA
(ポリアミド)
(ナイロン)
・ガスバリア性が良い。
・耐油性に優れている。
・吸水性あり。
・軸受部品
・カム
・ギア
PTFE
(ポリテトラフルオロエチレン)
(テフロン)
・樹脂の中で摩擦係数が最小。
・耐熱、耐薬品性に優れている。
・耐摩耗性が小さい。
・医療用器具
・コーティング素材
・電子部品
ETFE
(テトラフルオロエチレン・
エチレン共重合体)
・耐食、耐候性(特に紫外線)に優れている。
・絶縁性に優れている。
・滑り易い。
・撥水、撥油性大で非粘着性に優れている。
・チューブ
・電線被膜
・離型フィルム
・コーティング素材
PEEK
(ポリエーテルエーテルケトン)
・耐熱、耐磨耗性に優れている。
・対放射線にも優れている。
・ガラス転移温度150℃付近で物理的性質の変化が大きい。
・半導体液晶製造装置部品
・自動車部品
・医療部品
PPS
(ポリフェニレンサルファイド)
・難熱性、寸法安定性に優れている。
・耐熱性大で引張り曲げに強い。
・耐衝撃性がやや弱い。
・半導体液晶製造装置部品
・電子部品
ABS
(アクリロニトリル・
ブタジエン・
スチレン共重合体)
・接着性、塗装性に優れている。
・光沢良好。
・溶剤には弱い。
・家電製品
・自動車内装
・OA事務機器
PAR
(ポリアリレート)
(Uポリマー)
・透明樹脂の中では耐熱性に優れている。
・機械的強度に優れている。
・透明で耐候性に優れている。
・自動車部品
・電子部品
・医療部品
PE I
(ポリエーテルイミド)
・耐熱性、耐熱水性に優れている。
・耐薬品性、紫外線や放射線に優れている。
・透明性で耐候性に優れている。
・電子部品
・自動車部品
・半導体液晶製造装置部品
PSF
(ポリサルフォン)
・耐熱性、機械的強度に優れている。
・耐薬品性に優れている。
・透明で耐候性に優れている。
・電子部品
・自動車部品
・医療部品
PES
(ポリエーテルサルフォン)
・耐熱性に優れている。
・耐薬品性に優れている。
・耐衝撃性に優れている。
・自動車、航空部品
・電子部品
・医療部品
LCP
(液晶ポリマー)
・結晶化度が高く、機械的強度に優れている。
・流動性が良く、微細成形に優れている。
・耐熱性に優れ、耐熱温度でI、II、III型がある。
・電子部品
・自動車部品
PAI
(ポリアミドイミド)
・耐熱性に優れている。
・高温での摺動性が高く、耐磨耗性に優れている。
・耐薬品性、機械的強度に優れている。
・自動車部品
・医療部品
・航空部品
PI
(ポリイミド)
・耐熱性に優れている。
・摺動特性があり耐磨耗性に優れている。
・耐薬品性に優れている。
・半導体液晶製造装置部品
・電子部品
・自動車部品
※上表記はあくまでも目安としての参考特徴であり、各材質のグレード差異により特徴は異なります。
実際のご使用は、実使用グレードで確認の上ご使用ください。