ホーム 製品情報 技術情報 会社案内
TOP技術情報> 金属・樹脂材料の熱膨張について

技術情報


金属・樹脂材料の熱膨張について

金属・樹脂などの線熱膨張係数
区分 材種 線膨張係数
α(×10-6/℃)
金属・合金系 超硬合金 5.5
ステンレス SUS430 10.4
炭素鋼 11.0
ハイス鋼 11.2
12.1
14.2
16.6
ステンレス SUS304 17.3
黄銅 19.0
アルミニウム 23.0
プラスチック系 PET 15.0
PPS GF30% 22.0
ABS GF30% 28.0
PPS 非強化 PPS 40.0〜49.0
PEEK PEEK 40.0〜47.0
フッ素樹脂 ETFE 50.0〜90.0
ポリカーボネート PC 70.0〜80.0
POM コポリマー POM 70.0〜130.0
ナイロン PA6 80.0
MCナイロン 90.0
高密度ポリエチレン PE-HD 100.0〜120.0
フッ素樹脂 PTFE 100.0
POM ホモポリマー POM 100.0〜122.0
ポリプロピレン PP 110.0〜120.0
ポリエチレン PE 130.0〜150.0
セラミック系 アルミナ 8.0〜9.0
ジルコニア 8.7〜11.0
ダイヤモンド 1.1
その他 ガラス 9.0
ゴム 110.0


金属・樹脂などの線熱膨張による変化量△L(mm)

計算式:△L=L×α×△T
L:材料の長さ(m) α:線熱膨張係数(×10−6/℃) △T:温度差(℃)


材料の長さL(m)
線熱膨張係数α(×10-6/℃)
温度差△T(℃)
線熱膨張による変化量△L(mm)